妊娠力をUPする葉酸サプリ情報を、妊活経験者のリアルな目線でお伝えします。

妊娠力UPならコレ!不妊→妊活成功者が明かすおすすめ葉酸サプリ

葉酸サプリの効果・効能

葉酸サプリは授乳期にも飲むべき?母乳への影響は?

投稿日:

いま妊娠中の女性は、すでに葉酸サプリをきちんと続けていることでしょう。

ですが、産後から授乳期には飲むのを止めてしまってもよいものでしょうか?「赤ちゃんの成長のための葉酸サプリだから、もう必要ないかな」と思っているとしたら、ちょっと待ってください。

 

 

もちろん葉酸サプリの第一義的な目的は赤ちゃんの先天性異常を予防し、健全な成長を促すことですですが、産後~授乳期にも同じくらい大切な役割を果たすのです。

日本ではまだそれほど一般に浸透していない、葉酸サプリ産後~授乳期の働きを見てゆきましょう。

 

 

葉酸サプリの産後~授乳期の役割

葉酸サプリは妊娠中はおもに赤ちゃんの成長を促す役割を果たしましたが、産後はお母さんの肥立ちをサポートしてくれる強い味方となります。

代謝を促し、ホルモンバランスの急激な乱れによるいわゆる「産後うつ」の予防に効果を発揮するほか、細胞分裂を活発にし、お産によって傷ついた子宮の回復に貢献します。

 

授乳がスムーズに行われることで産後の子宮回復に貢献

また産後1日目からもっとも重要となる授乳に際しては、母乳がきちんと分泌され、赤ちゃんがそれを吸うことでお母さんの脳下垂体から「オキシトシン」というホルモンが分泌され、それが子宮の収縮を促します。

 

オキシトシンの作用により子宮の収縮が行われると、傷ついた子宮の回復が早まります。

また産後の肥立ちの悪さがのちのち、中年期以降の更年期障害を悪化させるという研究もあり、産後から授乳期の回復プロセスをきちんと踏むことの重要性を物語っています。

ですから休む間もなく始まる子育て、授乳で体の回復をゆっくり待つことも難しいお母さんにとって、葉酸サプリでしっかりと栄養補給を行うことは非常に大切なこととなります。

 

関連記事:葉酸サプリは産後まで?いつからいつまで飲めば良い?!

 

 

葉酸サプリは授乳期の母乳の質に影響

葉酸サプリを飲むことで、母乳の質が向上します。

なかには産後母乳がうまく出ない女性がいますが、その理由として挙げられるのが「貧血」「冷え」「代謝の悪さ」、そしてそれに伴う「ホルモンバランスの悪さ」があります。

葉酸サプリはそのいずれにも効果を発揮しますから、まさに産後のお母さんにとってはスーパーサプリといえるでしょう。

 

母乳のもとは「血液」

色がまったく違うこともあって、知らなかった方は驚くかもしれませんが、母乳のもとはお母さんの体を流れる血液です。

血液は摂りこんだ栄養素を全身へと運ぶ役割をするため、代謝が良く血流が良いほど栄養素も無駄なく効率的に使われる、ということができます。

 

母乳に関してもそれは同じで、血液=母乳を通して赤ちゃんへと必要な栄養素を届けるわけですから、葉酸サプリによる造血作用や代謝の促進により、より栄養豊富で質の良い母乳が作られるということになります。

 

厚生労働省は、授乳婦の葉酸サプリ摂取(量)に関して、以下のような表を提示しています。

 

出典:厚生労働省

 

表下部の「授乳婦(付加量)」の項目には、推奨量として「+100」の値が書かれています。

これは18歳以上の授乳婦は、非妊娠時の1日の推奨量である240㎍に加えて100㎍の計340㎍の葉酸摂取が望ましいということを意味しています。

 

また葉酸サプリは母乳の質を良くし、造血や代謝の改善をするとともに、産まれた赤ちゃんの成長に必要な葉酸そのものも提供します。したがって妊娠中に引き続き、お母さんと赤ちゃん双方にとって葉酸サプリが大きな役目を果たすということになります。

 

関連記事:おすすめ葉酸サプリランキング

 

 

葉酸サプリは母乳の分泌を改善

母乳の出が悪い場合は、おっぱいマッサージでだいぶ改善される可能性もあります。

 

が、乳腺のつまりや血流、ホルモンが問題である場合、葉酸サプリを併用することで分泌が豊かになるケースが多いです。

 

また母乳が出なくて悩んでいるお母さんの多くが上記の原因を複合的に抱えているのがほとんどなため、おっぱいマッサージに加えて、葉酸サプリでの内側からの母乳分泌をサポートする対策が有効でしょう。

 

 

 

授乳期は鉄分・カルシウムも不足しがちに

葉酸はその強力な造血作用により、質の良い血液を作りだしてくれますが、授乳期には鉄分、カルシウムも不足してきます。

葉酸と鉄分は両方とも造血に効果がありますが、それぞれ違った働きをします。ただ血液を作るという目的は同じであり、授乳期には双方ともに不足しがちですから、意識して摂取することをおすすめします。

 

またカルシウムも、授乳期は妊娠中に引き続き母乳から赤ちゃんへとどんどん吸収されてゆく栄養素のひとつです。「授乳中は一生のうちでもっともカルシウムが失われる」といわれるくらい、カルシウムが不足してしまう時期です。

 

血液をサラサラにし、母乳の質を良くするのにも貢献しますから、葉酸などと併せて摂ると良いでしょう。

 

 

授乳期に最適な葉酸サプリは?

授乳期には上述の葉酸、カルシウム、鉄分に加えて、葉酸の吸収と働きを助けるビタミンB6、B12、ビタミンA、C、ホルモン分泌をスムーズにする亜鉛が配合された葉酸サプリを選ぶことをおすすめします。

 

 

妊娠中に取るべき栄養素よりも増えたぞ、と気づかれた方もいるかもしれませんが、そのくらい、母乳から赤ちゃんへと受け渡される栄養素は多くなるということです。

また育児疲れや体力の向上にもたくさんの栄養素が消費されますから、むしろ授乳期が終わるまでがお母さんにとって栄養摂取のピークとなるとも言えます。

ですから元気な子育てができるよう、ぜひとも質の良い葉酸サプリを選びましょう。

 

>>ベルタ葉酸なら産後~授乳期までの栄養を完璧にサポート!

 

関連記事:人気のベルタ葉酸とママニック葉酸を徹底比較!

関連記事:人気の葉酸サプリ8種類を徹底比較!

☆不妊→妊活成功者おすすめの葉酸サプリランキング!☆

 妊活~妊娠中におすすめの葉酸サプリを、独自の観点からランキング形式でお伝えします!

ジャッジポイントは以下の通り。

添加物、商品の安全性に気を配っているか

妊活、妊娠に良い成分が効果的なバランスで含まれているか

大きさ・ニオイなどの飲みやすさ

口コミでの総合的な評価

コスパの良さ

購入後アフターケアの充実度

それぞれの商品を実際に試したレビュー、商品詳細ページはリンクボタンから見ることができます。

ベルタ葉酸サプリ

高品質の葉酸サプリといえば「ベルタ」と言われるほど人気を博している最優秀サプリ。

葉酸のほか27種類ものビタミン・ミネラル、鉄分、カルシウム、さらに21種類の野菜に美容成分までがギュッと詰まった「無添加」サプリです。

先に挙げた6つのジャッジポイントをすべてクリアした唯一の商品で、私が実際に飲んで妊娠、妊娠中の現在も飲んでいる葉酸サプリでもあります。

ママニック葉酸サプリ

1位のベルタ葉酸と僅差だったのが、このママ二ック葉酸サプリです。

含まれるビタミン・ミネラルの種類はベルタと並んでトップクラス、さらにカルシウムが250mg,亜鉛2.3mgと豊富で、妊活中から妊娠初期までに限った場合、ママニック葉酸の方が良いと言えるでしょう

また葉酸サプリにはめずらしい「有胞子性乳酸菌」が含まれているため、妊娠中起こりがちな便秘解消にも役立つほか、腸内環境が改善されることで栄養素の吸収率アップ、胎児への好影響も期待できます。

AFC(エーエフシー)葉酸

AFC葉酸の魅力は、なんといってもコスパの良さです。

1日4粒30日分で1,800円(税別)と格安ながら、鉄分・カルシウムを始め必要な栄養素がシンプルに網羅されているといった印象です。

妊娠中~授乳期まで通して飲めますが、残念ながら無添加ではありません。AFC葉酸は、余計な成分が入っていないシンプルなものが良い、少々の添加物なら気にしない、という方に向いているでしょう。

-葉酸サプリの効果・効能
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 妊娠力UPならコレ!不妊→妊活成功者が明かすおすすめ葉酸サプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.