*

葉酸サプリの効果・効能

妊娠したら葉酸サプリを飲むべきなの?

投稿日:

妊娠をしたら葉酸サプリを飲むべきなのでしょうか。なぜ葉酸サプリを飲まないといけないのでしょうか。

妊娠中に葉酸が不足するとどんなリスクがあるのか、調べていきましょう。

 

 

妊娠したらいつから葉酸サプリを飲むといいの?

 

厚生労働省は実際に妊娠する1か月前からの葉酸サプリ摂取を推奨しており、妊娠を考え始めたとき=葉酸サプリを飲むタイミングと考えるべきでしょう。

 

 

今では妊活が定着していますから、基礎体温を付けたり体を温めたりするのと同時に葉酸サプリも始めておくのがベストです。

 

もう妊娠しているという方は、今からすぐ飲み始めることをおすすめします。

妊娠初期に葉酸が不足すると胎児が「神経管閉鎖障害」という奇形に陥りやすいという研究結果が出ていることもあり、妊娠と葉酸には非常に深い関係があるといえます。

 

関連記事:妊娠初期におすすめの葉酸サプリ

 

>>ベルタ葉酸なら妊娠中に必要な栄養が摂れます!

 

 

葉酸不足で起こる胎児の「神経管閉鎖障害」とは?

 

神経管閉鎖障害とは、脳や中枢神経のもとが作られる妊娠4~5週目ごろに起こる先天異常のことをいいます。

出生する赤ちゃんの1万人に対して6人の割合で発症する病気です。

 

この病気が発症した場合、神経の下部に閉鎖障害が出るため「二分脊椎」が起きます。これが下半身に起こると下半身不随や歩行障害、膀胱、直腸機能に障害が起こります。

また反対に上半身に起こった場合には、脳が形成できなくなる「無脳症」になります。

無脳症になってしまうと死産や流産になる可能性が高くなります。

 

 

 

 

そこで、2000年から厚生労働省から葉酸を摂取するようにと通知が出るようになりました。同年12月に厚生省児童家庭局母子保険課の検討会で「神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関する報告書」が纏められました。

 

この理由として、葉酸は必ずしもリスク低下の要因になるとは言えないのですが、葉酸を摂ることで二分脊椎になる可能性を低くすることができるという点があげられます。

妊娠した可能性のある女性は普段の食事に加えて補助食品、特にサプリメントなどで400μgの葉酸を積極的に摂ることが推奨されています。(一部厚生労働省の文書から抜粋)

 

アメリカの研究機関などの研究結果でも葉酸を摂取することでこの神経管閉鎖障害が減少する結果が出ています。

 

赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するために

 

赤ちゃんが神経管閉鎖症にならないようにするためには、妊娠が決まってからすぐに葉酸を摂取するべきです。というのも妊娠かな?と思い始めた妊娠4~7週目には、胎児脳や脊椎といった神経細胞の約8割ができあがっているのです。

 

 

また、数ある栄養素のなかでも葉酸は、受精卵が細胞分裂を繰り返すのに必要な成分です。

葉酸には、造血作用があり細胞分裂に必要な成分が含まれていますおり、不足すると細胞分裂が十分に出来ずに流産などの確率が上昇してしまいます。

 

葉酸は、主に緑黄色野菜や柑橘、レバーなどに多く含まれています。バランスよく食事をすることが大切ですが、実はサプリメントの方が吸収率が高いのです。

 

過剰に摂取したかな?と思ったときも、葉酸は水溶性のビタミンなので、尿の中に一緒になって排出されますので余程でない限り摂取しすぎということにはなりません。

あまり敏感にならず、妊娠中は積極的に摂っていくようにすれば、お腹の中の赤ちゃんの発育にも妊娠中のお母さんの貧血にも効果があります。

 

>>妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆

 

葉酸が不足すると他にどんな弊害があるのでしょうか?

 

葉酸が不足すると、「巨赤芽球性貧血」という深刻な貧血になってしまう可能性があります。

巨赤芽球性貧血とは、赤血球になる前の段階である赤芽球が異常分裂を起こしてしまい、巨大になることで起こる悪性の貧血のことです。

また他にも、動脈硬化妊娠高血圧になりやすくなってしまうリスクもあります。

 

妊娠高血圧とは、妊娠20週以降分娩後12週までに高血圧が見られることをいいます。高血圧とは、最高血圧140mmHg最低血圧90mmHgの状態のことをいい、母子ともに非常に危険な状態に陥ります。

 

妊娠高血圧になりやすい人は、もともと肥満体質の人、ストレスを感じやすい人や塩分やカロリーの高い食事をしている人などがあげられます。

 

まとめ

 

妊娠中に葉酸が不足すると、赤ちゃんの健全な発達に悪影響を及ぼす可能性があり、それに伴って流産の危険も増します。

もし無事に出産ができても先天性の神経管閉鎖症という、赤ちゃんにとって治らない病気になってしまいます。それを防ぐためにも、妊娠中に葉酸をしっかりと摂ることは必須だといえるでしょう。

 

 

 

 

最近では病院やクリニックなどで葉酸サプリメントを摂取するようにと勧められるようになってきたという事も、神経管閉鎖症の研究が進んでいる何よりの証拠だといえます。

 

さらに妊娠高血圧は、母体と赤ちゃんの体に負担がかかるだけでなく、最悪命の危険を及ぼします。妊娠高血圧は、気をつけていてもストレスを抱えやすく真面目な性格のお母さんの場合になりやすいということもあります。適度にストレス発散をするようにして、抱え込まないように心がけましょう

 

葉酸は手軽にサプリメントからの摂取が可能であるだけでなく、吸収率がおよそ50%も良いと言われています。食事からの摂取が難しい場合には、サプリメントを利用するのが非常に効果的です。

 

関連記事:人気の葉酸サプリ8種類を徹底比較!

☆不妊→妊活成功者おすすめの葉酸サプリランキング!☆

 妊活~妊娠中におすすめの葉酸サプリを、独自の観点からランキング形式でお伝えします!

ジャッジポイントは以下の通り。

添加物、商品の安全性に気を配っているか

妊活、妊娠に良い成分が効果的なバランスで含まれているか

大きさ・ニオイなどの飲みやすさ

口コミでの総合的な評価

コスパの良さ

購入後アフターケアの充実度

それぞれの商品を実際に試したレビュー、商品詳細ページはリンクボタンから見ることができます。

ベルタ葉酸サプリ

高品質の葉酸サプリといえば「ベルタ」と言われるほど人気を博している最優秀サプリ。

葉酸のほか27種類ものビタミン・ミネラル、鉄分、カルシウム、さらに21種類の野菜に美容成分までがギュッと詰まった「無添加」サプリです。

先に挙げた6つのジャッジポイントをすべてクリアした唯一の商品で、私が実際に飲んで妊娠、妊娠中の現在も飲んでいる葉酸サプリでもあります。

ママニック葉酸サプリ

1位のベルタ葉酸と僅差だったのが、このママ二ック葉酸サプリです。

含まれるビタミン・ミネラルの種類はベルタと並んでトップクラス、さらにカルシウムが250mg,亜鉛2.3mgと豊富で、妊活中から妊娠初期までに限った場合、ママニック葉酸の方が良いと言えるでしょう

また葉酸サプリにはめずらしい「有胞子性乳酸菌」が含まれているため、妊娠中起こりがちな便秘解消にも役立つほか、腸内環境が改善されることで栄養素の吸収率アップ、胎児への好影響も期待できます。

AFC(エーエフシー)葉酸

AFC葉酸の魅力は、なんといってもコスパの良さです。

1日4粒30日分で1,800円(税別)と格安ながら、鉄分・カルシウムを始め必要な栄養素がシンプルに網羅されているといった印象です。

妊娠中~授乳期まで通して飲めますが、残念ながら無添加ではありません。AFC葉酸は、余計な成分が入っていないシンプルなものが良い、少々の添加物なら気にしない、という方に向いているでしょう。

-葉酸サプリの効果・効能
-,

Copyright© 妊活→妊娠成功者が明かす 妊娠力UPならコレ!おすすめ妊活・葉酸サプリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.